So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

NO.23 12/29(木)今年最後の「こころの天気予報」をお届けします [こころの天気予報]

今年最後の「こころの天気予報」をお届けします☆彡



NO.23 12/29(木)「感情は、物差しでは測れない」



人間には「感情」がある



でも年齢を重ねる毎に、どうして難しくなるのだろう



生まれたばかりの時は、「お腹が空いた」と
ただ感じたままを伝えていたのに・・・。



相手との関わりが増える度に、我慢も増えた


「貸して」って言われても「まだダメ」と言えずに
「どうぞ」と直ぐ渡したり・・・。



それがいけない訳ではないけれど



「こう思っている」事を

いつから「そう思ってはいけない」に
なってしまったのだろう




「こうしたい」が

いつから「こうした方が良い」に
なってしまったのだろう



まるでこの時は、こうすべきと
感情を物差しで測られているよう・・・。



ここからここまでは、OK!
でもこっちはNG



そのパターンが、いくつ増えても
左右、上下、あらゆる方向から
線で分けられている



曖昧な感情は、波線で良いんじゃない?



もうキィー!っとなった感情は
ギザギザの線でも良いんじゃない?



そもそも感情は、線で分けられない



こっちの感情とそっちの感情の
ほんの少しが入り交ざっていたり



感情の深さも、目盛りでは測れない



それでも何だか最近、そのちょっとした
感情の揺れ動きに、感じたり想像する事が
乏しくなっているように感じませんか?



自分の事だけでなく
「相手は、こう思っているはず」
「こういう時は、そうするものでしょ」とか
感情を自分の物差しで測っていないでしょうか?




相手の感情を自分の物差しで測ろうとするから
「分かってくれない」「何度も言っているのに」等
不満という感情が作られるのでは、ないでしょうか?



感情は、物差しでは測れないけれども


相手の感情には、相手の物差しの目盛りがあり
その深さや長さは、相手を想う気持ちで
測るのではなく、想像する事が出来ると思うのです




相手の気持ちを想像する



そこに物差しは、必要ありませんよね




以上です。


いつもお読み下さり、本当にありがとうございます!!



来年は、「こころの天気予報」を
まとめて形に出来たらと考えております



寝食忘れて没頭する程
夢中になれる事が何なのか・・・、
自分の気持ちに正直になる!と、やっと決めました



来年の事を考えれば考える程
何度も沸き起こる感情、想い、願い、夢



来年は、もっと沢山の「こころの天気予報」を
お届けしたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します(#^^#)




今年最後の「こころの天気予報」でした



よいお年をお迎えくださいね☆彡














nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0