So-net無料ブログ作成

NO.27 砂山のトンネルの向こう側から差し出された手 [こころメッセージ]

いつもご訪問下さり有難うございます☆彡



お盆休みが終わり、お仕事が始まった方や
お盆もお仕事だった方、お疲れまです m(__)m



夏休みの宿題がまだ終わらないよ~(汗)と
奮闘されている学生さん



そして・・・、夏休みが終わるのが怖いと感じている
子供~学生さん、大人の方に届けられたらと思います



それでは、今日も綴らせて頂きますね



NO.27 砂山のトンネルの向こう側から差し出された手



あなたは、今、毎日どのように過ごされていますか?



学校や会社など、毎日行く場所に
どのような気分で、その場所に向かっていますか?



友達に会えるのが楽しい・部活が楽しい
仲間と過ごす時間が楽しい


仕事にやりがいを感じている



そのように過ごされている方もいれば・・・、



変えられない状況・変えられない環境に
苦しみ悩まれている方も
いらっしゃるのではないでしょうか?



それは、とても強固で、自分一人の力では
打破出来ないぐらいに感じてしまいますよね



コンクリートや鉄よりも頑丈で
押しのける気力さえも奪う程のように
感じてしまいますよね




でも、もしそれが・・・砂山だとしたら?




小さい頃に砂場で作った、あの砂山です



じょうろで水をかけては、砂を固めて作った
あの砂山です



そしてその砂山は、経験や思い出だけでなく
今の現状を表しているとしたら・・・?



砂山だったら、何かアクションを起こせば
崩せそうではないでしょうか?



でも「行動出来たら、とっくにしてるよ」という声が
聞こえますよね



そうです。だからその時は、誰かに引っぱってもらいましょう!



思い出してみて下さい




砂山を作ったら、必ずトンネルを作りませんでしたか?



こっち側から手を伸ばして、向こう側からの手と
砂山の中で握った事を思い出しましたか?



嬉しくって、トンネルの中で握った手をブンブン振って
「あぁ~!!」と砂山が崩れて
大笑いした事はありませんでしたか?



もし・・・、そんな差し出してくれる人はいない と
思われる方は、ご自分の手を向こう側に回してみませんか?



でもご自分の手が回るぐらいに
砂山を小さく低くする必要があります



小さくして、自分の手を自分で握るのか・・・。
差し出される手を待っているのか・・・・。



それとも必ず来てくれると信じられる誰かを
待っているのか・・・。



あなたは、どの手を握りますか ☆彡



以上です



最後までお読み下さり有難うございます



今年の夏は、本当に本当に大きく環境が変わりました



変わる前は、やはり変わるのが怖かったです



今以上に状況が良くなると思えなかったり
安定にしがみついていました



でも自分の意思とは反対に
状況が、どんどん変わってしまったんです



「ちょっと待って」と言っても、待ってくれない程
状況が変わったのですが・・・・、



今、自分だけでなく、周りのみんなも笑顔なんです



「こういう選択があったんだ」という程
思い切った変化ですが・・・、いえ変化中ですが
もう進むしかないですよね(#^^#)



思えば、人間関係も状況も常に変化しているんですよね



ある時期、良く連絡を取り合っていた方とも
今は全く取り合っていない方も多いです


今の人間関係が、全てでは無いんですもんね



今が全てではない、これからがある


と思えたら、新しい砂山を作り始めるかもしれません
さあ、じょうろを用意して下さいね♪



最後に、昨年の夏に綴らせて頂い記事も
合わせてお読み頂ければ幸いです


二学期を迎える、あなたへ・・・⇒ こちら です


今の環境から離れる事に
もし「逃げる弱い自分」と思ったり
罪悪感を感じてしまう事があるのなら・・・、



大人も会社から逃げ出したい事があります



私も何度か体調を崩した事があります



その時、逃げるのではなく
新たな場所を見つけたと思ってみませんか?



それは、こころから安心出来る場所



それが家なのか、どこなのかは、それぞれですが
その場所へ行きましょう♪



「今」は、大事だけれども
「これから」が、もっと大事です!!



どうかあなたの「これから」が
笑顔で続きますように・・・☆彡















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。